岩手県立大槌高等学校

「大海を航る、"大槌(ハンマー)"を持とう!」をコンセプトに、地域…

岩手県立大槌高等学校

「大海を航る、"大槌(ハンマー)"を持とう!」をコンセプトに、地域と協働しながら魅力ある学校づくりに取り組んでいます!

ウィジェット

リンク

記事一覧

はま留学生の日常vol.17~新入生に聞いてみた!

こんにちは!🌞 県外から岩手県・大槌高校に入学した 「はま留学生」の日常をお届けするnote。 今回はこの4月に入学をした 「はま留学4期生」の5名に インタビューをし…

【お知らせ】はま留学を検討している中学生・保護者のみなさまへ!

こんにちは! いつも大槌高校のnoteをご覧くださり、ありがとうございます😌 大槌高校では、「はま留学」と称して県外からも入学者を募集しており、現在は日本全国から集…

地道な作業が何かにつながる『ベルマークを切って貼ろう』

大槌町社会福祉協議会の皆様と、大槌高校のインターアクトクラブ生徒と復興研究会の生徒の有志が、ベルマークのついてるラベルの余分な部分をひたすら切って、切られたマー…

オンラインでつながる~放課後マイプロゼミ

 授業も本格的に始まり、部活動では3年生最後の大会も近づいている時期ですが、新たな取り組み「放課後マイプロゼミ」が始まりました!  大槌高校は探究学習に特に力を入…

はま留学生の日常vol.16~地域歓迎会が行われました~

こんにちは!🌞 県外から岩手県・大槌高校に入学した 「はま留学生」の日常をお届けするnote。 GWが終わり、日常が戻ってきました。 大槌は過ごしやすい日が続いていて …

町を見つめ、復興を考える日【第34回定点観測】

5月10日(金)、今年度初の定点観測が行われました。2013年に大槌町の約180カ所の写真を撮り続け12年目、第34回目の観測です。 今年の1回目は復興研究会の定点観測班の生…

はま留学生の日常vol.15~怒涛の4月終了!~

こんにちは!🌞 県外から岩手県・大槌高校に入学した 「はま留学生」の日常をお届けするnote。 GWが明け、5月が始まりましたが 4期生を迎えたはま留学生の1か月の活動…

東北発 博物館・文化財等防災向上プロジェクト 博学連携報告書が発行されました!

令和5年度、岩手県立博物館✕復興研究会で行っていた、文化財関連の探究活動が、ひとつの報告書となりました!(大槌高校だけではなく、高田高校の活動も載っています) …

㊗52名が合格‼

 3月14日(木)に、本校の合格発表がありました。  午後2時55分。まさかの土砂降りの中、数名の受験生が昇降口に集まってくれました。保護者も数名いらっしゃり、合格…

はま留学生の日常vol.14~休日の過ごし方~

今年度、大槌高校は県外からの入学者「はま留学生」を新たに5人迎えました👏「はま研究会で海の生き物や海洋プラスチックを学びたい!」 「ジビエに関する活動をしてみたい…

大槌高校入学式~新入生52名が入学!

こんにちは!令和6年度一発目の大槌高校公式noteでは、4月6日(土)に行った入学式の様子をお伝えします。 新学科「地域探究科」が始動する今年度、県外からのはま留学生5…

みんなで今できる防災(こと)とは?

 3月9日(土)に、復興研究会の生徒4名が仙台市国際センターで行われた「仙台防災未来フォーラム2024」に参加しました。  今回、復興研究会の生徒たちは、JICA東北(JIC…

モブキャラ教員が花音の「すっぷく」を探究してみた

昔から、「映画を見る」よりも「映画の原作を読む」のが好きだった。 なぜ好きなのか分析をしてみると、映画の約2時間にはおさまらない小さなエピソードが実は沢山あって…

はま留学生の日常vol.13~3期生インタビュー~

こんにちは!🌞 県外から岩手県・大槌高校に入学した 「はま留学生」の日常をお届けするnote。 今回は、はま留学3期生 京都府から約700km離れた岩手県大槌町へ 地域みら…

はま留学生の日常<特別編>1期生卒業インタビュー

 県外から大槌高校に入学をする「はま留学」の1期生がこの春、卒業を迎えました。(涙の地域送別会の様子はこちら!)  そんな卒業生に3年間の出来事や気持ちの変化をイ…

【復興研究会だよりNo.46】発行しました

復興研究会だよりNo.46(令和5年度第5号)では1月中旬から3月の活動について紹介しています。令和5年度最終号です。 復興研究会の令和5年の特に後半は、たくさんの活動…

はま留学生の日常vol.17~新入生に聞いてみた!

こんにちは!🌞 県外から岩手県・大槌高校に入学した 「はま留学生」の日常をお届けするnote。 今回はこの4月に入学をした 「はま留学4期生」の5名に インタビューをしてみました! 長くなりますが、お付き合いください🙇‍♂️ ーーインタビューよろしくお願いします!まずは自己紹介から! ーー好きな季節は春2票・夏3票ですね!大槌で冬を越して、冬も好きになってくれたら嬉しいな~。では、はじめに「はま留学をしようと思った決め手」を教えてください! ーーそれぞれの興味関心

【お知らせ】はま留学を検討している中学生・保護者のみなさまへ!

こんにちは! いつも大槌高校のnoteをご覧くださり、ありがとうございます😌 大槌高校では、「はま留学」と称して県外からも入学者を募集しており、現在は日本全国から集まった1~3年生9名が大槌高校で活躍中です。 今年度も「はま留学」5期生を募集します。この夏にはオープンスクールを2回開催予定ですので、ぜひご参加ください! 今年度も夏休みのオープンスクールの開催が決定しました! 学校説明会とあわせて、参加をお待ちしてます🙌 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓ ★★1泊2日!はま留学オープ

地道な作業が何かにつながる『ベルマークを切って貼ろう』

大槌町社会福祉協議会の皆様と、大槌高校のインターアクトクラブ生徒と復興研究会の生徒の有志が、ベルマークのついてるラベルの余分な部分をひたすら切って、切られたマークを貼る…という作業をしました。 社会福祉協議会の方が持ってきてくれた大量のベルマーク。終わりが全く見えない作業に、ある生徒たちは黙々と、別の生徒たちはおしゃべりをしながら、四角に切っていきます。 1点や3点のベルマークの多い中、たまに数十点のマークを見つけると、何の商品だったのか予想しあう遊びを交えづつ、ひたすら切

オンラインでつながる~放課後マイプロゼミ

 授業も本格的に始まり、部活動では3年生最後の大会も近づいている時期ですが、新たな取り組み「放課後マイプロゼミ」が始まりました!  大槌高校は探究学習に特に力を入れており、全員がマイプロジェクトに取り組むことが魅力の一つとなっています。  大槌高校は各学年50名前後とあまり大きい学校ではありません。その中で、自分と同じテーマに興味がある高校生と出会う機会をつくるため、日本全国の高校生とオンラインでつながる「学校横断型探究プロジェクト」に参加しています。  今回その一環として

はま留学生の日常vol.16~地域歓迎会が行われました~

こんにちは!🌞 県外から岩手県・大槌高校に入学した 「はま留学生」の日常をお届けするnote。 GWが終わり、日常が戻ってきました。 大槌は過ごしやすい日が続いていて はま留学生たちも元気に活動しています💪 さて、GW明け最初の週末5/11㈯には 「はま留学4期生 地域歓迎会」が開催されました! 吉里吉里地区での地域歓迎会は今回で3回目。 今年度も地域の方々が約20名参加し あたたかく歓迎をしてくださりました😌♨ 今年度はこれまでとは違い、 企画・司会進行を3年生が

町を見つめ、復興を考える日【第34回定点観測】

5月10日(金)、今年度初の定点観測が行われました。2013年に大槌町の約180カ所の写真を撮り続け12年目、第34回目の観測です。 今年の1回目は復興研究会の定点観測班の生徒だけではなく、1年生全員に体験してもらうため、平日開催になりました。 震災の記憶がほとんどない生徒たちが、復興の変遷を知る機会とし、震災を風化させず、防災意識を向上させることを目的としています。 学校からバスやタクシーで移動する班と徒歩移動の班に分かれて開始! 各班には2・3年生の先輩が定点観測のサポ

はま留学生の日常vol.15~怒涛の4月終了!~

こんにちは!🌞 県外から岩手県・大槌高校に入学した 「はま留学生」の日常をお届けするnote。 GWが明け、5月が始まりましたが 4期生を迎えたはま留学生の1か月の活動をここで振り返っちゃいましょう~! ▶4月6日(土)🌟入学式&歓迎式🌟 今年度は5名のはま留学生が入学!入学式の後は、大槌町役場ではま留学生歓迎式が執り行われました!詳細はVol.14をご覧ください!(はま留学生の日常vol.14~休日の過ごし方~) ▶4月14日(日)🌸お花見イベントのお手伝い🌸 昨年

東北発 博物館・文化財等防災向上プロジェクト 博学連携報告書が発行されました!

令和5年度、岩手県立博物館✕復興研究会で行っていた、文化財関連の探究活動が、ひとつの報告書となりました!(大槌高校だけではなく、高田高校の活動も載っています) 1月に兵庫県へフィールドワークにも行き、たくさんのことを学んだ企画でした。 大槌町と兵庫県でのフィールドワークの経験をふまえて研究を深め、原稿を書いた5人の生徒たち。それをこんなにステキな冊子に仕上げていただき、感謝です! 東北発 博物館・文化財等防災力向上プロジェクトについては、岩手県立博物館のホームページに載

㊗52名が合格‼

 3月14日(木)に、本校の合格発表がありました。  午後2時55分。まさかの土砂降りの中、数名の受験生が昇降口に集まってくれました。保護者も数名いらっしゃり、合格発表の瞬間をドキドキしながら待ちわびている様子でした。  午後2時59分。本校職員が合格掲示板を運び出します。受験生たちも少し増え、傘を差しながら待機していました。  そして午後3時。職員が合格掲示板の白い布を取り払った瞬間、一瞬静かになった後に歓声が起こりました。自分の受験番号を見つけ、写真を取り出す生徒、合

はま留学生の日常vol.14~休日の過ごし方~

今年度、大槌高校は県外からの入学者「はま留学生」を新たに5人迎えました👏「はま研究会で海の生き物や海洋プラスチックを学びたい!」 「ジビエに関する活動をしてみたい!」 「郷土芸能など、地域での活動にチャレンジしたい!」 など、それぞれ熱い思いをもって大槌高校を選んでくれました。 そして入学式・歓迎式から一夜明け、留学生たちは親元を離れて初めて大槌町で過ごす休日をどのように過ごしたのでしょうか。写真とともにお伝えします! 13:30 地域のお花見企画の打ち合わせ 桜が咲く

大槌高校入学式~新入生52名が入学!

こんにちは!令和6年度一発目の大槌高校公式noteでは、4月6日(土)に行った入学式の様子をお伝えします。 新学科「地域探究科」が始動する今年度、県外からのはま留学生5名を含めた新入生52名を迎え、大槌高校の新たな1年がスタートします。 式の中では、新入生を代表して渡邊 望海(わたなべ のぞみ)さんが生徒を代表し宣誓を行いました。 新入生も迎え、今年も更にパワーアップした大槌高校の活動が始まっていきますので、今年度もぜひお楽しみに!

みんなで今できる防災(こと)とは?

 3月9日(土)に、復興研究会の生徒4名が仙台市国際センターで行われた「仙台防災未来フォーラム2024」に参加しました。  今回、復興研究会の生徒たちは、JICA東北(JICA東北 | 日本での取り組み - JICA)の事業の報告等を目的として参加しました。 ①インドネシア・バンダアチェ市への派遣事業の報告(詳細はこちら☟) 復興研究会、アチェに行く。(第1巻)|岩手県立大槌高等学校 (note.jp) ②東北大学の教授やJOCA東北、根浜MINDの方々とのディスカッション

モブキャラ教員が花音の「すっぷく」を探究してみた

昔から、「映画を見る」よりも「映画の原作を読む」のが好きだった。 なぜ好きなのか分析をしてみると、映画の約2時間にはおさまらない小さなエピソードが実は沢山あって、それがストーリーを深く読み取らせてくれる伏線になっているからである。原作を読んだ後に映画を見ると「あ…あのストーリーはカットしちゃったんだ…残念…」と思うことがよくあった。(あくまでもこの記事を書いているモブキャラ教員の感想) 3月23日(土)〜3月24日(日)に、マイプロジェクトアワード2023が東京で開催された

はま留学生の日常vol.13~3期生インタビュー~

こんにちは!🌞 県外から岩手県・大槌高校に入学した 「はま留学生」の日常をお届けするnote。 今回は、はま留学3期生 京都府から約700km離れた岩手県大槌町へ 地域みらい留学にチャレンジした1年生の 山内大吉さんにインタビューをしてみました! ーー留学生活で楽しかったことは? 地域イベントのお手伝いをした時。 地元の人と交流できた感があってよかったです。 ーー逆に大変だったことや難しさ、ギャップはあった? 大槌の人は何事も全力で、本気な感じがあります。 例えば、

はま留学生の日常<特別編>1期生卒業インタビュー

 県外から大槌高校に入学をする「はま留学」の1期生がこの春、卒業を迎えました。(涙の地域送別会の様子はこちら!)  そんな卒業生に3年間の出来事や気持ちの変化をインタビュー!はま留学生として大槌で過ごした3年間は彼女にとってどんな時間になったのでしょうか。その成長の軌跡をぜひご覧ください。 はま留学をしようと思った理由を教えてください!  マイプロジェクト(以下、マイプロ)の授業を受けてみたかったことと、三陸鉄道があったことが大きな理由です。もともと隠岐の高校に兄が留学し

【復興研究会だよりNo.46】発行しました

復興研究会だよりNo.46(令和5年度第5号)では1月中旬から3月の活動について紹介しています。令和5年度最終号です。 復興研究会の令和5年の特に後半は、たくさんの活動がありました。学校外の皆様のご協力のおかげです。ありがとうございました!!!